寂しい方必見!もうこれで寂しくない!素敵な出会いの見つけ方

異性から「彼女(彼氏)が欲しい」という言葉を聞けば「恋愛をしたいんだな」だとか「誰かを紹介して欲しいのかな」だったり場合によっては「自分対するアプローチなのかな」なんて考えることもありますよね。

ただ、言葉に「裏」を持たせている人がいるのも事実ですので
少し注意も必要だと思います。

先ず、顔をあわせたり連絡を取るたびに「彼女(彼氏)が欲しい」と言う人。
本心である場合ももちろんあるのですが
あまりにそればかりですと、恋愛ではないものを求めている可能性が高いとおもって良いでしょう。
要は、身体的な関係のほうを優先したい気持ちが強くなっているという事です。

そうしたものを感じた時に、「彼女(彼氏)ができたら何をしたい?」
なんて質問をしてみて、相手の恋愛観を聞いてみるのも良いでしょう。

また、過去の恋愛を断ち切る為にそのような言葉を使う人も居ます。
昔お付き合いをしていた彼女の事が忘れられずに、寂しさを埋めるために新しい彼女を作って「上書き」してしまおうというケースです。

そのような気持ちをもっている異性と恋愛関係になっても、短い周期のまま終わってしまったり相手が本気になってくれないなんて事もありますので相手の本心を少しでも感じ取るような目が必要になると思います。

寂しい時こそ出会い探し

高校生時代の友達に飲み会などを開いてもらう。
合コンなどを企画してみる。
と、出会いのシーンとなるとそのような事を思い浮かべる人もいるでしょう。

彼女(彼氏)が欲しいと思うと、特に考えることも増えるでしょうし、それが上手く行かないと、寂しくなったり落ち込んだり、自分は恋愛に縁遠いのではないかなんて思ってしまうかも知れませんね。

しかし、出会いってそれだけではないんですよね。
仕事関係で知り合った人と縁が繋がっていたなんてケースもありますし、実際に顔を合わしていないインターネットの世界の中でも出会いはあります。

女性と男性が居る限りはいつでもそのチャンスはあるのです。
そう考えると、本当に出会いって色々なところにあるものだと思いませんか?

そのような広いスタンスを持つことが、彼女が欲しい気持ちから恋愛をしたいという気持ちにシフトしてくれますし、具体的な行動というものもとりやすくなるものです。
ですから、自分の環境をベースに考えずに、「もっと広がりを持たせてみる」ということも大切です。

その中で、自然と「この人が恋人になってくれたら」という出会いが生まれるでしょうし、そうなったときに、アクティブにアプローチを重ねていけば良いのです。

出会いの形も場所も様々ですから、そのスタンスをまずは楽しむ姿勢を持ってください。

寂しい気持ちと卒業!素敵な出会いの探し方 【natun pata】